« ガン種 ですてにー phase20 | トップページ | 「君が代」歌わぬ自由、生徒に説明を 弁護士会が勧告 - asahi.com : 社会 »

2005 第1戦 オーストラリアグランプリ決勝

予選1回目がヘヴィウェット、ウェット、ドライ、ヘヴィウェットと路面変化が激しかったため予選2回目の結果はあまり影響せずひっちゃかめっちゃかなグリッドでスタート。

結果はルノーのフィジケラが自身2勝目、今季初優勝となりました。初優勝は計時ミスによる順位差し替えで次グランプリでの表彰となったためウィナーとして初めてのシャンパンファイトです。

レースは淡々と進行。やはり予選結果の影響が大きいみたい。大幅に変化があったところはフェラーりのルーベンスが大幅アップ、トヨタのヤーノが大幅ダウン、キミはスタート失敗でピットスタートになり、さらにバージボードにトラブルが出て踏んだり蹴ったり。そしてマイケルはニックと接触でリタイア。

CSからの情報によればF1ジャーナリスト界随一のタイヤ知識を持つ川井一仁の予想を上回ってタイヤのライフが良いとのこと。ファーストスティントの終盤にファステストラップが出るのではと予想し、実際そういう風になりかけたのですが、レース終盤にファステストラップが出ました。

次グランプリの展望として今シーズンから採用された2グランプリ1エンジンの2戦目、パフォーマンスはどうなのか。高温高湿度のマレーシアで予選−決勝を1セットのタイヤパフォーマンスはどうなるか。

そのほかレースで気になったのはFIAのライブタイミングを見るとチェッカーの直前でBARの連中がピットインしているということ。これは本当にピットインしたのか。ピットインしたのならばどういう意図で入ったのか。エンジンを理由にリタイアすると次グランプリでフレッシュエンジンを使えるのでリザルトが悪いとファイナルラップでピットリタイアということをしたのか?

今ちょっと地上波見てるけどマッチ、帰っていいよ。ってか次から来るな。唯一の救いといえば東京の解説に森脇さんがいることか・・・

|

« ガン種 ですてにー phase20 | トップページ | 「君が代」歌わぬ自由、生徒に説明を 弁護士会が勧告 - asahi.com : 社会 »

Formula 1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3727/3193125

この記事へのトラックバック一覧です: 2005 第1戦 オーストラリアグランプリ決勝:

« ガン種 ですてにー phase20 | トップページ | 「君が代」歌わぬ自由、生徒に説明を 弁護士会が勧告 - asahi.com : 社会 »