« ガソ種 死 phase31 | トップページ | ガソ種 死 phase32 »

2005 第6戦 モナコグランプリ決勝

地上波放送中だけど容赦なくネタばれ

1st:K ライコネン
2nd:N ハイドフェルド
3rd:M ウェーバー
4th:F アロンソ
5th:J P モントヤ
6th:R シューマッハ
7th:M シューマッハ
8th:R バリチェロ

まとめ:

ライコネン強えぇ

ルノーの燃費凄えぇ(50周以上走れてる。)

ウィリアムズ対アロンソのテールtoノーズは楽しかった

あれ位の速度差とタイヤの磨耗が出ればモナコでもオーバーテイクができるということがわかった

フェラーリ今回も踏んだりけったりの週末

ルノーが持っていたタイヤのアドバンテージが少なくなってきた?それともアグレッシブなセッティングの結果か?

ヨーロッパGPに向けて

変わると噂される予選方式で勢力図に変化はあるのか

マクラーレンは好調を維持できるか

ファステストラップを連発して速く走れることはわかったフェラーリがその速さをレース結果にどこまで反映できるのか

ペナルティ明けのB・A・Rは復調するのか

疑問:

地上波ってあの程度のしゃべりで解説3人も要るのか?森脇さん一人来たらあとは実況だけでいいでしょ

復帰2戦目のモントヤに対する評価がCSと地上波で逆なのは仕様ですか?

塩原さん自分の言葉に酔いしれるのはやめてください。

追記:
森脇さんだけでいいといいましたが亜久里や右京みたいなスポットの人や近藤みたいな素人じゃないグランプリに全戦帯同するしゃべりの立つジャーナリストが欲しいですね。

|

« ガソ種 死 phase31 | トップページ | ガソ種 死 phase32 »

Formula 1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。