« そういえば | トップページ | 新・堂本兄弟に山田優がゲストで出演していた件について »

民主党はいわゆる「堀江メール」の真偽立証断念ということらしいのですが

メールの真偽を立証することを断念し、、「問題は、メールの真偽ではなく、実際に二男の口座に入金があったかどうかだ」ということで真相究明する。という具合のことを民主党はいっているみたいです。

が、真偽不明のメールで国会を1週間近くストップさせてさらにそれを続けようってのはいかがなものか。

怪文書が出回ったけど書いてあることは証拠もないけど真実だ、国会の権力をもって罰を与えろというならば

「私は2003年と2004年に民主党にそれぞれ1億円の献金をしました。」

と虚偽の文を書いてみます。もちろん嘘なので民主党が作成した政治資金に関する報告書には載るはずもありません。が、虚偽であると宣言したこの文言を見た誰かがこの1文は真実であるとしてヤミ献金を受け取っているではないかとして民主党を追求したら真剣に協力するのか?と聞いてみたい。

こうなると口座に入金があったかなかったかよりも先にメールの真偽を確定させるほうが大切じゃないのか?と思う。

|

« そういえば | トップページ | 新・堂本兄弟に山田優がゲストで出演していた件について »

放言」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。