« ガンダムDVDの大本命がついに発売決定です。 | トップページ | 民主党は生まれ変わったとかいうんですが。 »

中国に番組を無償提供ってどういうことやねんということでNHKに電凸してみた。

対日理解促進へ人気番組を中国のTV局に無償提供(YOMIURI ONLINE)
「プロジェクトX」など360番組を中国に無償提供(ZAKZAK)

というニュースがあり小寺信良氏もblogで取り上げてたりで気まぐれにNHKへ電話してみた。

2ちゃんねるの人たちみたいにうまくまとめられないんで要旨だけ書くと

Q:国民からは義務として受信料を召し上げようってのに中国へ無償ってのはどういうこと?

A:外務省とその関連団体による発展途上国向けの教育プログラム提供の一環としてそちらから対価は頂いている。NHKによる無償提供ではない。

Q:ということはCSとかでやっているNHKの番組と同じくらいの価格なの?

A:CSなどへ出している価格よりも少ない金額を設定させて頂いている。内訳としては素材からビデオテープへのダビングなどの人件費とコンテンツに対する権利料である。

Q:中国って核ミサイル持ってたり人間を宇宙に上げたりする国なのに発展途上国なの?

A:軍事面では進んでいるかもしれないが教育面ではそうではないのでそうなっている。

Q:発展途上国向けというと昔東南アジアで「おしん」がブームになったみたいなのと同じなの?

A:そうですね、提供の流れについては「おしん」のようなケースで考えて頂くとわかりやすいです。

話のわかる人に繋がるまで10分くらい盥回しされましたがこんな感じでした。

結局のところ税金かーODAの一種だよなー

|

« ガンダムDVDの大本命がついに発売決定です。 | トップページ | 民主党は生まれ変わったとかいうんですが。 »

ニュース」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。