« W42Sに機種変した。 | トップページ | 大阪の集団リンチ、生き埋め事件のこと »

2006 第9戦 カナダGP 決勝

深夜だけど早速

1st:F アロンソ
2nd:M シューマッハ
3rd:K ライコネン

あとはResult_6こちら

ありゃ、地上波はトップ3記者会見なしですかー生で時間厳しいからって酷いですねー、ってか純粋にレースが長引いたときには延長するはずなのにこの差はなんだ?

たまたま目が覚めたのでこの時間ですが最後のセーフティーカーからしか見てませんが。

んー最後の最後でセーフティーカーが入ったことで間が詰まってさりげなく見せ場ができたのでは?とう感じがします。

見せ場といってもミスによる順位の逆転なので盛り下がっちゃう内容かもしれませんが。

ヘアピンの立ち上がりミスでD クルサードがJ バトンをパスして8位入賞、同じくヘアピンでK ライコネンが膨らんだ隙にM シューマッハがパスして2位と3位が逆転、そして理由はわかりませんが佐藤琢磨がウォールにクラッシュしてT モンテイロが14位という終盤の展開でした。

荒れたレースとはいえトロ ロッソの連中がかなり頑張っている感じがリザルトから読めます。T モンテイロの弱小ミッドランドとはいえ高完走率も侮れません。

|

« W42Sに機種変した。 | トップページ | 大阪の集団リンチ、生き埋め事件のこと »

Formula 1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。