« 今日はデスノートの映画を観にいきます。 | トップページ | 自衛隊がすべての任務を終えてイラクから帰ってくることについての各紙の論調 »

劇場版デスノート感想

豪快にネタバレを含みそうなので以下続きます。

原作漫画にアレンジとオリジナルキャラを加えての映画化ですが上手にまとまっていますね。

さりげなく伏線を張って全部回収できてるのもいいところ。

上手い!と一番思ったのが南空ナオミの殺害方法、まさか月が彼女の名前を知った上で謀略を練っているとは思わなかった。というか映画オリジナルキャラの詩織を殺して動きを作るとこまでは読めたけれどまさかこうなるとはねぇ。

ミサミサのラッピングバス乗ってみてぇぇぇと思ったり。というか弥海砂がスイーツの番組を持っているってところでさりげなくLと絡んできそうか?と勝手な妄想。

ちょっと月が動きすぎてるのが月敗北のキーとなってしまいそう。

# 詳しくは劇場で。

|

« 今日はデスノートの映画を観にいきます。 | トップページ | 自衛隊がすべての任務を終えてイラクから帰ってくることについての各紙の論調 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。