« 2006 第13戦 ハンガリーGP 決勝 | トップページ | 声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役 »

地上波を見ながらちょっと落ち着いたところでハンガリーグランプリ決勝についていろいろ

残り30周あたりから始まったバトンの追い上げとルノーの作戦についてリアルタイムの時にしていた妄想について。

アロンソとしてはシューマッハより前でフィニッシュすればOK、タイム差からしてシューマッハが追いついてくるのは難しそう。バトンに優勝をくれてやってもいいという作戦では?と妄想した。

結局、プレッシャーに負けたのかルノーがピットミスをしてしまい、私の妄想もただの妄想で終わってしまった。

デ ラ ロサとシューマッハのバトルでブレーキとスロットルの表示が出ていたんですがシューマッハはフルブレーキのときにスロットルを一瞬開けてたんです。シューマッハはアクセルを姿勢制御に使うとよく言われるのですがこういう表示が出ると良くわかりますね。

シューマッハがこういう芸当をしているからなのかなーマスダンパーの効果が少ないってのは。

スーパーアグリはフロントが旧型なんでブリヂストンのレインタイヤの要求するジオメトリにならないので厳しかったらしい。

そしてこういう荒れたゲーム、マシーンにやさしくそして速いバトンのいいところが上手くかみ合ったレースでした。

地上波はどうでも良いことを実況がしゃべりすぎるためか森脇さんの解説を殺してしまっていますね。今回は近藤・“愚か者”・正彦ではなく浜田が現地なのでおかしなことを言わないのがせめてもの救い。

これがピットにいるアミーゴだったらどうだろうかと。

地上波は解説がCSの1/3なのでしゃべるネタが上手くまわせないのかなーって思っちゃいます。

マシーンの遅い速いにはちゃんと理由があって、ピットでマシンに手を加えるには理由がある。なぜウィングを立てるのか。レインタイヤ使用時にミシュラン勢がなるべく濡れた部分を走るか。なぜブリヂストン勢は乾いた部分でも大丈夫なのか。そういうところもちゃんと解説しないと最近は視聴者も勉強してきてるんだからいつまでも狂ったことばかり言っていては誰もついてこなくなってしまう。

地上波は録画なんで視聴者がライブタイミングを見ていることを前提とした解説ができないってのが厳しいのかなー。バトンがアロンソを追い上げていたところなんてライブタイミングを見ながらだと追いつき具合がすごく良くわかって楽しいのになー。

えーイギリス国歌は流さないんですかー。

んー地上波のいいところ、関係者インタビュー炸裂!

明日とあさっての新聞、そして明日の朝のスポーツニュースが楽しみだ!!!

|

« 2006 第13戦 ハンガリーGP 決勝 | トップページ | 声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役 »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。