« 2006 第15戦 イタリアGP 決勝 | トップページ | 毎日新聞のweb版に掲載された記事にある民主党幹部の発言ついて地元選出の民主党議員に電凸した。 »

シューマッハ引退発表

決勝後のトップ3インタビューで引退を発表した。

何もここで発表しなくても。。。と思ったりもしました。

でも、イタリアで優勝したトップ3インタビューにもいろんな思い出があるしね。

セナ亡き後12年、トップを走り続けるしかなかった。戦って戦って勝利して、敗北して。

昨シーズン後、CS721で放送されたF1レジェンドという80年代のF1映像の放送があった。その中でチャンピオンは次のチャンピオンを育てていくという感じの解説があった。

そういわれてみると私の知っている80年代から90年代の初めごろはそういう流れがあってチャンピオン経験者のチームメイトとして帝王学を学んだり、或いはトラック上のライバルとして勝負を重ねてチャンピオンたちを蹴散らして新チャンピオンとなっていているように思えた。

だけどシューマッハがチャンピオンになった1994年はシーズンはご存知のようにセナが亡くなり、チャンピオン経験者を蹴散らすことなくチャンピオンとなってしまった。できることならセナを蹴散らしてチャンピオンとなって欲しかった。

この不幸によりシューマッハはチャンピオンたちを倒してチャンピオンになるとういうことができなかった。これが原因なのかシューマッハはその強さを証明するためといわんばかりにいろんな記録を更新しまくりチャンピオンとしてのチカラを身に着けて今日に至った。

シューマッハ以降に現れたチャンピオンでガチンコに勝負して勝ったのっているか?という感じで、今年になってやっとガチンコに勝負してチャンピオンを獲ろうというドライバーが現れた。

だからアロンソは今年、どんなことがあっても意地でチャンピオンを獲得して欲しいと思う。

ミハエル・シューマッハ引退!
シューマッハ、今季で引退!!

|

« 2006 第15戦 イタリアGP 決勝 | トップページ | 毎日新聞のweb版に掲載された記事にある民主党幹部の発言ついて地元選出の民主党議員に電凸した。 »

Formula 1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。