« 2006年 日本シリーズ第2戦 ナゴヤドーム | トップページ | まったく虚構と現実の区別ができない人間がいるのは困ったものだ。 »

2006 第18戦 ブラジルGP 決勝

1st:F マッサ
2nd:F アロンソ
3rd:J バトン

表彰台は80年代生まれの新世代が固めてシューマッハの時代が終焉したんだね。という感じでしょうか。

それ以外のリザルトはResult_16こちら

リンク
F1GP2006ブラジル決勝
アロンソ王者決定!ミハエル、記憶に残る追い上げ劇!
F1ブラジルGP若い王者の連覇と皇帝アリガトウ

F1


2006 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版


F1グランプリ 2006 VOL.2 Rd.7~Rd.12


F1グランプリ 2006 VOL.1 Rd.1~Rd.6


F1グランプリ2006 VOL.3 Rd.13~Rd.18

93年のA セナ以来のブラジルグランプリをブラジル人が制するというレースでした。

タイトルはアロンソに決定、シューマッハが必殺技を繰り出すこともなくクリーンなレースでした。

っていうかシューマッハがスターティンググリッドが後ろだったのとパンクのトラブルでシューマッハのオーバーテイクショーでした。

最後の2周でバトンとアロンソが0.8秒差くらいだったときにバトンがアロンソへのオーバーテイクを失敗して2台リタイヤとなったらマッサに原因不明のエンジンブローが起きてしまわないかと妄想してしまいました。

スーパーアグリは2台完走、佐藤がベストの10位でした。開幕当時は3周、4周遅れのテールエンダー常連だったのに最終戦で1周遅れ程度に収めるところまで上がってきました。ラップタイムもトップから103%でまずまず、ここから上に行くのが大変ですが楽しみです。

これでアロンソはシューマッハをガチンコにやっつけてのチャンピオン獲得です。来年はマクラーレンなのでどれくらいのポジションになるのかわかりませんがフェラーリの二人にチャンピオンとして稽古をつけて、次世代チャンピオンを育てF1を盛り上げて欲しいです。

<追記>
ふとした瞬間にこんな深夜というか早朝にいったい何をやってるんだ?と思ったらダメだよなー

|

« 2006年 日本シリーズ第2戦 ナゴヤドーム | トップページ | まったく虚構と現実の区別ができない人間がいるのは困ったものだ。 »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。
私は感動のグランプリだったので早朝なのもすっかり忘れてしまいました。マクラーレンが1勝もできなかったのは残念です。来季はアロンソがエースナンバーを持ってくるので、今季のようなことの無いようマクラーレンには頑張って欲しいです!
また来ます。

投稿: haru | 2006.10.24 07:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 2006年 日本シリーズ第2戦 ナゴヤドーム | トップページ | まったく虚構と現実の区別ができない人間がいるのは困ったものだ。 »