« お塩先生が結婚だってさ | トップページ | PS3のファームウェアアップデートについて聞いてみた。 »

キーワードは「物売るっていうレベルじゃねえぞ!」

ソニーの演出による暴動騒ぎもひと段落、ヤフオクも価格が下落していますが転売厨の皆さんはちゃんと売り抜けできたでしょうか。

前回のPS2のときはプレイステーションドットコムで発売2週か3週遅れをgetしましたが今回は一切興味なし。

なんかプレイステーションドットコムに販売はしばらくしないみたいなんですがまぁ、発売日に愚民供が並ぶ様はニュースになってもサーバーがアクセス過多でダウンする様はニュースになりませんからね。サーバーダウンなんてのはイメージ戦略としても悪くなりますし。

しかもPS2のチップを乗せているくせに互換性の取れないソフトが多数あるらしく、音が出ない、画面が出ないなどがあるそうだ。記事によれば「PSおよびPS2のソフトは8000~9000ある。問題があるのはその一部のソフト。音が聞こえない程度であれば、我慢すれば遊べるので問題ないと思う人もいるだろう。ハードの進化による非互換の問題は他社(のゲーム機メーカー)を含めて業界として知られていること。当初から互換率は100%ではないと考えていた。PS2の時はゲームプレイの進行に支障をきたすソフトの一覧を公表したが、PS3では(不具合の)症状に併せて遊んでもらうことができるようにするため、それら(各ソフトの不具合状況)を細かく書いていくスタンスを取っている」ということだがDDRのような音と画面のリンクが大切なゲームに不具合が出ているらしい。

なんか発売3日でファームウェアが3バージョンも出てるみたいだし、っていうか発売前からファームウェアのアップデートが告知されているってオカシイだろ。

ファームウェアアップデートもインターネット接続が前提ってのは絶対におかしい。ソニーに言わせりゃ「ガキのおもちゃじゃねぇ」ってところかもしれないけど「本体、ソフト、テレビがあれば楽しめます。インターネット接続ができればもっと楽しいです。」ならわかる。だけどファームウェアの更新はネットワークからっていうけどユーザの全部が全部インターネット接続を持っている保障はないだろうに。

なんか楽しそうだから明日ファームウェアアップデートについて電話してみよう。

|

« お塩先生が結婚だってさ | トップページ | PS3のファームウェアアップデートについて聞いてみた。 »

ソニー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。