« 一騎当千 Dragon Destiny 第6話 感想 | トップページ | 2007 F1 第6戦 カナダGP 金曜日/土曜日雑感 »

一騎当千 Dragon Destiny 第7話 感想

「関羽投降」

白チャイナの姉ちゃんが南陽を襲撃するとこから。

普通?名無しの生徒はほぼ何もすることなくボコボコ、楽ちゃんもかなりキツイの一発貰ってます。

が、気孔波?で押し返して服ボロボロ、ちょっとパンツが破れてた。

襲撃理由が龍玉なんだけど学院には無さそうじゃない?と気付いて逃亡、人間が鉄筋コンクリートの建物をあそこまでグチャグチャに出来るのにそれを喰らってもバラバラにならない奴らの頑丈さに乾杯!!!

後半は許昌に成都を壊滅させろという勅がでる。

許昌から見るとどうもヤリマン姉ちゃんは情勢が読めていないらしくて目障りらしい。

で、箱根から帰って夏祭りに来た成都が襲撃される。

金魚すくいの金魚が玄徳の谷間へ突入するというお約束のお色気シーンも忘れてはいけない!!!!

壊滅とはいえ目標は関羽のようで、殺さずに関羽が欲しいらしい。確かにあのおっぱいは魅力的だが。

玄徳、孔明他を人質に取られて関羽も投降、あのまま虐殺が始まったほうが面白いかもと思ったりもしました。

|

« 一騎当千 Dragon Destiny 第6話 感想 | トップページ | 2007 F1 第6戦 カナダGP 金曜日/土曜日雑感 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。