« 涼宮ハルヒの憂鬱第2期確定っていうことで | トップページ | ジョンソンが結婚かー »

「デジタル放送番組、コピー9回までOK…総務省が要請へ」ということだ。

デジタル放送番組、コピー9回までOK…総務省が要請へ(読売新聞)

先の「涼宮ハルヒ」広告が朝日新聞以外にも掲載されてるかな?と浅はかに考えて毎日、読売、日経も買ってみたんだ。残念ながら朝日にしか掲載されてなかったんだけど読売にだけこの記事があった。

9回とはまた中途半端な。

コピーネバーとかコピーフリーとか出力制限方式とかいってたけどこういう方式になるみたい。現在のコピーワンス機器はそのままで9回対応は新しい機器でということだそうだ。

コピーワンスにしてもBlue-RayレコーダとかHD-DVDレコーダでハイビジョン録画でそのまま出せるならこの方式でもわからんでもないけどSD画像でしか外に出せない現行のDVDレコーダが無劣化だからコピーワンスですよっていうのもどうかと思うよな。

<追記>

書いた後によく考えてみたんだけど著作権屋さんの数え方とか考え方だとコピーワンスっていうのは放送を録画した時点でワンスの1回を消費してしまっているから後はムーブしかできないっていうはずなんだけどな。

どこを親とするかってので報道とかでごまかされているように見えるんだけどね。

ITMediaとかImpressWatchに書かれてる小寺信良氏とか西正氏のコラムを読むと「放送局が親、レコーダが子、それでコピーワンスの1回がレコーダで消費される。」という理屈らしい。レコーダからムーブするとムーブ先は孫ではなく子のように見えるんだけどどうなんだろうね。

だからコピー9回までっていうのの数え方もなんかおかしい気がする。リードライト型のメディアにコピーしたあとレコーダに戻したら減ったカウンタが戻ったりするのかね。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱第2期確定っていうことで | トップページ | ジョンソンが結婚かー »

家電」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。