« キミキス pure rouge 第3話 感想 | トップページ | ブラジルGPのマクラーレンが出した抗議について妄想 »

2007 F1 第17戦 ブラジルGP 決勝

1st:K ライコネン
2nd:F マッサ
3rd:F アロンソ

それ以外はResultこちら

おめでとう!!!キミ!!!

49周の時点の意見だけど、まぁ、フェルナンドとルイスの順位しだいだけどキミの優勝だろうなと。これはいわなくてもみんなわかるよな。

だけどなんかフェラーリってルカ・モンテゼモロ派とジャン・トッド派で内部抗争があるらしくて来年のことを考えるとあやしいかな〜

ん〜でも普通にピット戦略で逆転だったかな。

最初から観てないんでわかんないけどコースオフしたらしいルイスが順位を落としたのがキミの手助けとなったのかな。

残り何LAPかでルイスを周回遅れにしたのは良かったな。最低でもルイスは5位にならないといけないんでラップリーダーの直後でいるとチェッカーをもらってレース終了になっちゃうんですよね。

デビューの一貴は最初のピットインで停止位置に止まれずにクルーを撥ねるというトラブルもありつつですが10位完走です。

地上派は会見打ち切りとな。なめんなてめぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ちょっとしみったれた話になるんですけどね、フェルナンドの2007年限りの離脱か2008年の休養が100%確実だとしたらね、ルイスをチャンピオンにしたいわけですよ。コンストラクターズチャンピオンを失った今、フェルナンドやキミがチャンピオンになったら借り物とはいえ持っていたカーナンバー1まで失うとなれば来年は屈辱の二桁ナンバー、しかも20番台ですよ。そしたらもう是が非でもルイスをチャンピオンにするしかなくなっちゃいますよね。

## 案外何事もなかったようにウィンターテストにフェルナンドがマクラーレンで走っていたら笑っちゃいますけどね。

ある雑誌の記事によればフェルナンドの方がチーム内では優遇されていた(移籍とはいえ2年連続のワールドチャンピオンだ!)そうだ。フィーリングが合わないからといって彼には違うメーカーのブレーキが与えられていた。なのにルイスが凄すぎたのかマクラーレンのマシーンが良かったのかルイスが終始チャンピオンシップをリードする展開になったことから猜疑心が生まれ激しくチームを批判し、修復不能なまでになってしまったんだ。

名目ではチームオーダー禁止、そしてマクラーレンはドライバー間で差をつけないジョイントナンバーワンが基本のチームだ。GP2を圧倒的な成績でクリアしてきてチームの秘蔵っ子であるとしてもF1レーサー一年目の小童を同等に扱うわけがないだろうし2年連続のワールドチャンピオンが負けるはずがないと思うのが普通だ。

たぶんチームの考えとしてもアロンソの帝王学をルイスに盗ませて2008年か2009年には彼をチャンピオンにして再び黄金時代を築こうかというとこだったと思うんだよ。

それがいろんなゴタゴタでみ~んな潰れちゃった。確かにルイスがマクラーレンにふさわしい新人だけど次世代のチャンピオン候補だねくらいのドライバーだったらここまではならなかっただろうけど、コンストラクターズチャンピオンは獲れたかどうか怪しいよな。

シーズン開始ごろはフェルナンドはBSタイヤをルイスと比べてあんまりうまく使えていないっていわれていたけど後半になってサーキット特性やドライビングスタイルもあるんだろうけれどルイスのタイヤの使い方ではタイヤを制御しきれなくなってきちゃったみたいでしたよね。それがトルコや中国で出ちゃってタイトルを落とした感じなのかな。

|

« キミキス pure rouge 第3話 感想 | トップページ | ブラジルGPのマクラーレンが出した抗議について妄想 »

Formula 1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。