« ARIA The ORIGINATION 第4話「その 明日を目指すものたちは…」感想 | トップページ | ガソリン税の暫定税率を延長するとかしないとか »

Windows VISTA が発売1周年ということで

先日コンシューマ向けのWindows VISTAが発売されて1周年だったのですが発売当初から評判が悪くてあんまり普及していない印象なのですが実際どれくらいのものなのかと思いこのblogのアクセス解析から拾った読者様のOS情報を発売前の2007年1月から2008年1月までを抽出してみた。

OS別アクセス数集計

他にもリモートホスト情報とかも取れているからわかることなんだけどアクセスのほとんどがISPを経由したアクセスで企業向けPCに分類されるものはあんまり含まれていないと思います Windowsというくくりでみると9割近くがWindowsですね意外とLinuxユーザがいることが驚き XPの割合がVISTAの発売前からおおよそ7割でVISTA発売後も7割前後で推移してますね 数だけ見るとWindows2000 Windows98 WindowsMEユーザが減ってVISTAに移ったように思います プリインストールマシーンの発売時期からして5年以上経過したユーザがPCを買い換えた 特に7月から8月にかけて数字が動いているので2007年の夏ボーナスで買い換えたとみるべきでしょうか 2007年冬にあまり動きがないのでこの見方は微妙ですが ただし アクセスユーザの傾向が変化した可能性があるので間違えている可能性もありますね 2007年2月からはアイドリング!!!の視聴報告 3月からはF1の視聴報告 夏前にアイドリング!!!の視聴報告をいったん止めて8月ごろにSchool Daysが入って10月からはガンダム00とキミキスの感想が追加されていてアクセスユーザ層のすべてがが全部のジャンルを網羅しているとは思えないので結構入れ替わりがあったと思っています Windows Server 2003とかWindows NT SunOS sun4uと出てるのはたぶん企業からのアクセスだと思われます 判別不能に入っているので覚えがあるのはWii PSP PS3です

|

« ARIA The ORIGINATION 第4話「その 明日を目指すものたちは…」感想 | トップページ | ガソリン税の暫定税率を延長するとかしないとか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。