« 2008 F1 第15戦 シンガポールGP 決勝 | トップページ | 10月04日のココロ日記(BlogPet) »

○○ちゃんを救う会とか

ちと暴言に近いところがあるかもしれませんがそこはご容赦願います。

死ぬ死ぬ詐欺と表現されたりすることもある先天的な臓器の不全とかがあって余命いくばくもない幼児を海外での臓器移植で助けようという所謂「○○ちゃんを救う会」の募金活動のことですが。

レシピエント側の子どもはあぁ死にそう、今にも死にそう、あぁ可哀相な感じで闘病している様や、資金が貯まって手術のために渡航したとか、手術が間に合わず死んだ、手術をしたけど死んだなどいろいろといろいろテレビに紹介されたりするわけです。

日本では15歳以下(だったけか?)の人間からの臓器移植は認められていないので所謂子どもから臓器をもらう移植をするためにそういうのが認められた国に渡航して移植の順番待ちをするそうです。

だけどね、ドナー側の人間の素性ってほとんど紹介されることないよね。まぁドナー側のプライバシー云々があるけれど。わかるのはレシピエント側の人間に合う臓器を持った人間でレシピエント側の臓器の数、状態からしてドナーは死んでいること。どうしてドナーとなった人間がドナーになったのかってのがわかんないしね。某国では死刑囚の臓器を移植のために生きているうちから切り取ったとかその臓器を高値で売買したとかで問題になっていたけど、子供向け臓器ドナーとなった人間がどういう経緯でドナーになったかって誰も疑わないよね。需要と供給がわかんないけど変な話、インドの代理母じゃないけど貧困層の男女を雇って子どもを作らせて産ませた子どもを買い取る。極端なところ偽装夫婦の受精卵を代理母に産ませるってのもあるよな。産業として。

ちょっとずれましたが
もしね、レシピエントの親とか兄弟が事故とかで同意さえあればドナーとなる状況になったとしたらね、ドナーとなることに同意するだろうかねぇ。これで我が子が助かるために他人の命は吸うけど他人のために自分たちの命を分けるなんてことは毛のの先ほども思わないとか言うんだろうか。別にね、他人のことはどうでもいいけど我が身、我が子がかわいいってのもいいけどなぁ、撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけじゃないけどレシピエントになるのはドナーになる覚悟のある奴だけくらいの気持ちでいて欲しいものです。

|

« 2008 F1 第15戦 シンガポールGP 決勝 | トップページ | 10月04日のココロ日記(BlogPet) »

ニュース」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。