« 「セキレイ」第九羽『比礼ト風』 @ AT-X | トップページ | 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 感想 »

非常にガッカリなK-1 WORLD GP 2008 決勝

地上波はまだ決勝前だけどそんなことは関係なく。

<広告>※当サイトの活動資金となります。クリックしていただけるとありがたいです。
筆まめ
アデランス 「3D増毛シュミレーション」

決勝はレミー・ボンヤスキーとバダ・ハリの対決だったんだけど第2ラウンドバダ・ハリの反則によるレッドカードでレミーの優勝という非常にガッカリな結末となってしまいました。

第1ラウンドはレミーの優勢で終わり、第2ラウンド開始からバダが攻めに入ったかと思ったら倒れこんだレミーをレフェリーである角田師範の制止も振り切るように殴る蹴る踏みつける。5分の回復時間を入れたものの最後頭を踏みつけられたことが原因と思われるモノが2重に見えるという症状が回復せず。悪質な反則としてバダにレッドカードが提示されて試合終了でした。

なんか普通だとゲームの後にいろいろ振り返ったりとかすると思うんだけどそういうのも一切なし、これ以上放送は続けられないという感じで放送終了でした。

解説の谷川Pも現場に駆けつけるほどの緊急事態、っていうか決勝戦が反則レッドカードって残念無念の極みじゃん。バダも1年間の出場停止かもっていわれていたけど決勝戦を闘うにあたってその域に達していないってことか。準々決勝、準決勝と結構いいゲームしていたと思ったのにな。

<追記>
ふと思ったんだがレミーって私が見ている回のグランプリで反則勝ちが2回目のような。偶然かな?

|

« 「セキレイ」第九羽『比礼ト風』 @ AT-X | トップページ | 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第9話「拭えぬ過去」 感想 »

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。