« やっぱブルーレイだな。 | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》第10回 »

「国立メディア芸術総合センター」(仮称)の不要論と「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の改正を無理矢理くっつけて考えてみる。

「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」を改正して単純保持も罰しようとか絵など創作物も処罰の対象とかっていわれてて改正前には合法だった対象物も処分しなさいといわれたり。

「国立マンガ喫茶」って酷評されてる「国立メディア芸術総合センター」(仮称)なんですがマンガアニメの博物館みたいなものにするとかいわれてますが「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」が改正されて「国立メディア芸術総合センター」(仮称)に保存されているマンガとかアニメが処分対象にされたらどうするんだろうねぇ。と思ったり。

「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」を単純保持の禁止とか絵など創作物も禁止に是非とも改正したい自民党・公明党だけどあらゆるマンガ・アニメを集めたい「国立メディア芸術総合センター」(仮称)ができても集める対象が禁制の品だったらマズイから「国立メディア芸術総合センター」(仮称)も併せて反対しとこうかなだったりね。

単純所持の禁止で孫の水浴び写真で逮捕されるおじいちゃんおばあちゃんというのもありえるのでそこら辺の議論も楽しみだ。

# 確か実家の親は0歳児頃の私の全裸写真を持っていたはずなので単純所持の禁止がされたなら逮捕されちゃうのかな。

|

« やっぱブルーレイだな。 | トップページ | 「週刊フェラーリ・グランツーリズモ」《エンツォ・フェラーリをつくる》第10回 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。