« 補正予算の執行を停止したことで仕事が無くなったら民主党はどうやって始末をつけてくれるのか。 | トップページ | 二酸化炭素削減といいますけれど。 »

メモリスティックとかSDカードのRead/Write性能

HDDだと回転数とかストライピングするしないとかSATAやらUSBとかの接続方式で遅い速いを体感できてたけどメモリスティックとかSDカードの性能って気にしたことがなかったんだ。

でも、今ブルーレイディスクレコーダーBDZ-A70で録画した内容をPSPに転送して視聴しているとブランドとかで遅い速いがよくわかるようになった。

転送して視聴するだけなら差は感じられないんだけど視聴が終わって録画データを削除する操作をしたときに本当に消えたの?ってくらいパパッと削除完了のメッセージが出るメモリスティックと、いかにも消してますって感じでアクセスランプがチカチカ光って数秒後に削除完了のメッセージが出るメモリスティックがあるんだ。

速いほうが4GByteで遅い方が8GByteなんでメモリスティック内の構造が違ってスピードの違いになってるかもしれないけど明らかに違うとわかる差が出ると驚きだ。

※転送は何本かいっぺんに転送しています。そのため転送指示をしたまましばらく放置するのでここでのメモリスティックへの書込みで差が出ているかはわかりません。

|

« 補正予算の執行を停止したことで仕事が無くなったら民主党はどうやって始末をつけてくれるのか。 | トップページ | 二酸化炭素削減といいますけれど。 »

ソニー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。