« 【2009フィリップスヘッドフォンマラソン≪全5回≫】の第1回箱出し編 | トップページ | 京都造形芸術大学の学祭 »

【2009フィリップスヘッドフォンマラソン≪全5回≫】の第1回ファーストインプレッション編

<装着感>
良いですね。私の耳にはイヤーパッドは標準の?真ん中サイズでちょうど良かったです。
MDR-NC022Aと比べると耳に対するフィット感は断然こちらのSHE9700が上ですね。MDR-NC022Aの方はノイズキャンセリング機能のための部品が重量バランスを崩しているのか外に傾いている感じがしますね。音をとるか装着感をとるかってところでしょうか。
耳の穴に入り込む部分が細いかな?と見た目では感じましたがこれが私の耳にはちょうど良かったみたいです。

<音>
イニシャルセットを間違えていたために重低音が強いという評判の割には何か変、というかベースとかドラム、パーカッションの類の主張が非常に弱かった。
聴き慣れたはずの曲もあれ?って感じでバンドメンバーが一人足りないとかオーケストラで人数足りてない感じになってた。イコライザで補正しないとダメなのかなぁっていろいろ試してたらどうもMDR-NC022Aで使っていた音量ではSHE9700を使うとこれを駆動させるには十分な出力を出せてないってのがわかった。ただしまわりの音に気を配らないといけない外での使用時にはあんまり音量を上げられないのでつらいところです。

先述の通りフィット感が良いことから外部の音を遮蔽しているなぁという感触はMDR-NC022A使用時のノイズキャンセリングオンにはさすがに負けたけどノイズキャンセリングオフには勝った感じです。
歩いているとき、自転車に乗るときにはこれまで以上にまわりに気をつけないといけないようです。

音量が小さかったときに特に感じたのですが今日聴いた範囲だとサ行の音、「さ」、「し」、「す」、「せ」、「そ」を含む歌声(特に女性ボーカル)、スポーツ実況アナウンスが非常に気持ち悪くてもうなんとかしてSHE9700のモニターを辞めることはできないかと真剣に考えてしまうくらいでした。

ってなかんじで10月30日分はここまで。


|

« 【2009フィリップスヘッドフォンマラソン≪全5回≫】の第1回箱出し編 | トップページ | 京都造形芸術大学の学祭 »

家電」カテゴリの記事

広告」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。