« e2!のAT-Xが16:9の放送になるそうだ。 | トップページ | 【2009フィリップスヘッドフォンマラソン≪全5回≫】の第4回1週間使ってみて編 SHH9756 »

Windows7 Ultimate 64bitをインストールした。

入れた。単純にインストールするだけだったら拍子抜けするくらい速かった。

マルチコアに最適化されてるのと64bitOS+4GByteメモリで余裕があるのかVirtualPCのクライアントを2つあげてされにエンコードしてもまだいける感じがする。

失敗したのはOSを入れているディスクとエンコード済みデータを格納したディスクがWindows上の見た目でまったく同じ容量でさらにSATAの0番ポートとPATAのプライマリーマスターだったためにエンコード済みデータを格納したほうのディスクをフォーマットしてしまったこと。インストール時の最初の再起動で複数OSの選択画面が出てきたときにはまさに血の気が引いた。さらにはあまりのショックで直前に食べた食事を吐いてしまうところだった。

昔はボリュームラベルつけるのは素人って粋がっていましたが、ディスクのボリュームラベルって大事ってわかった。

トラベルキーボードがうまく動作しない。ツールもうまく入らないし。

<追記>
トラベルキーボードはたぶんうまくいったと思う。
グラフィックボード関連がおかしいっぽくって、Windowsエクスペリエンスの測定をしようとすると途中で画面が乱れて操作不能になったり、省電力モード?で画面が消えると復帰後の画面はやっぱり乱れて操作不能に。

|

« e2!のAT-Xが16:9の放送になるそうだ。 | トップページ | 【2009フィリップスヘッドフォンマラソン≪全5回≫】の第4回1週間使ってみて編 SHH9756 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。