« PT2その後 | トップページ | ダンス イン ザ ヴァンパイア バンドの最終回 »

2010 F1 第2戦 オーストラリアGP 決勝 感想

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の視聴も終わったところで「笑点」で笑いながら。

1st:J バトン
2nd:R クビサ
3rd:F マッサ

それ以外はResultこちら

豪GPはバトン(マクラーレン)が移籍後初優勝!
F1 第2戦オーストラリアGP 決勝結果

雨のレースだからか、アルバートパークサーキットだからかわかんないけどいい具合に乱れたおかげで面白いレースとなりました。

可夢偉はオープニングラップでリタイヤ、フロントウィングが脱落したことでバランスを崩して他の2台を巻き込んでクラッシュでした。ウィングの脱落理由が縁石とかに引っかけたのか他車に踏まれたか、それとも強度の問題か。

ポールを獲ってセーフティーカーが入った後もノリノリなセバスチャンでしたがブレーキトラブルでリタイヤ、今年も信頼性に悩まされる1年になるのでしょうか。

インターミディからドライに替えた後、消耗したタイヤをもう一度替えるか替えないかが運命の分かれ目、マイケル、ルイス、マークあたりは交換したけどフェルナンドが交換しないと判断したあたりからタイヤを温存しつつタイムをキープ、前にプレッシャーをかけたり、後ろからの攻撃をいかにかわすかの我慢比べ、フェルナンド、フェリペ、ロバートの接近戦は面白かったですよ。タイヤ交換組のルイスとマークが追いついてきてさらに面白くなるかと思ったところで接触になったのは残念です。

ウェットからドライへの替え時がタイムからイマイチわからない状況でしたが、たぶん予想以上にウェットタイヤの消耗が速くて思うほどタイムが伸びなかったというところでしょうか。ブリヂストンからのコメント待ちかな。

来週はマレーシアGP、2週連続開催ですね。

|

« PT2その後 | トップページ | ダンス イン ザ ヴァンパイア バンドの最終回 »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。