« 【フィリップス ヘッドフォンマラソン2010】の第3回箱出し編 SHE3680シリーズ | トップページ | 2010 F1 第6戦 モナコGP 決勝 感想 »

2010 F1 第6戦 モナコGP 木曜/土曜 感想

モナコGPなんで久しぶりにフリー走行、予選のことを書いてみる。

モナコGPポールポジションはウェバー(レッドブル)の手に
フリー走行3回目はクビサ(ルノー)がトップタイム!
フリー走行2回目もアロンソ(フェラーリ)が最速記録
モナコGP、フリー走行1回目はアロンソがトップ
F1 第6戦 モナコGP 予選

[広告]パナソニック ケーブルテレビ 勝手CM アワード

ポールポジションから先行逃げ切りをねらったと思われるフェルナンドがFP3のクラッシュでモノコック交換になり、予選未出走でFP1、FP2ではフェルナンドやレッドブル勢に隠れていた感じのロバートがFP3のトップタイムを出してこのままポールポジション?と期待してみたらやっぱりレッドブルでした。6戦連続のポールポジションです。

今回、久しぶりにライブタイミングを開きながら予選を観てしまうほど期待しておりまして、フェルナンド、ロバート、セバスチャンの三つ巴でタイムアタック合戦になったらどんなに楽しい予選になったかと思うと残念でなりません。

HRTあたりが昨年のGP2ポールタイム並のタイムしか出ていないってのはなぁ。かつてのミナルディよりひどいよね。

ドライビングも含めてになると思うんだけど、圧倒的なタイムでポールポジションを掻っ攫う勢いのままレースができる信頼性をレッドブルが獲得したら、久しぶりの一つのチームによる圧倒的なシーズンになるんでしょうね。

|

« 【フィリップス ヘッドフォンマラソン2010】の第3回箱出し編 SHE3680シリーズ | トップページ | 2010 F1 第6戦 モナコGP 決勝 感想 »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。