« 歯並びの話 | トップページ | 2010 F1 第11戦 ドイツGP 決勝 感想 »

こいつのことを信用していいのかどうか。

大韓航空機爆破事件の実行犯である金賢姫が来日して話題となっていますが、この人が日本人のふりをするために教育係となったのが、李恩恵と名乗らされていた北朝鮮が拉致した日本人女性だそうだ。

この金賢姫がその日本人について生存しているらしいと、いっているようだがぶっちゃけ事件から23年も経過しているわけで何事もなく齢を重ねたとしても50歳を超えているしかなり胡散臭い話に聞こえる。

だって23年だよ、今から23年後にこれといった大きな病気をしないとか事故に遭わないとかって言い切れる自信あるか?最後にあったときは元気だったとして、そのまま無事に生きていると確信できるほどめでたい頭の連中ばっかなの?金賢姫が最新の情報を持っていて生存情報が正しかったとするとそれってどこで仕入れた話?ってなるはずじゃん。

1987年頃までの昔話であーだったこーだったといわれても、じゃあ今はどうなの?ってなるじゃん。そこで今はねって言い出したら大問題だと思うよ。そりゃ、日本にいたって在日北朝鮮人の中にいる日本にとって好ましくないことを指導する立場の人なら知ってることかもしれないけど、韓国国内で監視されていると思われる人間が北朝鮮と通じてましたってなったら大変なことだと思いません?それでそんな可能性がある人が超法規的措置で来日してるんだよ。パフォーマンスなんかしらないけど、辛光洙の二の舞になっちゃうかなぁ。管直人だし。

|

« 歯並びの話 | トップページ | 2010 F1 第11戦 ドイツGP 決勝 感想 »

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのこうさぎ | 2010.07.27 16:10

この記事へのコメントは終了しました。

« 歯並びの話 | トップページ | 2010 F1 第11戦 ドイツGP 決勝 感想 »