« 大桃美代子の夫(当時)と麻木久仁子が不倫していた件について | トップページ | 2010年のF1総集編は? »

「相棒-劇場版Ⅱ-」を観てきた。

昨日12月24日に観てきました。

シーズンスタート、正月、シーズンエンドで2時間スペシャルをやってるのであまり劇場版のありがたみがない感じですね。

とりあえずどこかの役所の闇を抉り、役職のついた人のクビが飛ぶってのもある意味お約束だし。

12月22日放送分の第9話ラストからってことだけど第5話と若干の矛盾があるところからして番外か、杉下右京はそんな夢を見た。的なオチにしないとこれからのテレビシリーズをどうするんだ!!!と言いたくなるラストでした。

映像的見所は、神戸警部補と大河内監察官のツーショットシャワーシーンと、神戸警部補が物語のキーとなる女性を救出するアクションシーンかな。

また、神戸くんが特命に染まってきたな~というのもあります。各人が思い描く理想の警察のぶつかり合いと権力闘争も面白いです。

まだ観ていないという人は、公開されているキャラクターがそれぞれどこに所属していて、どういう人事構造になっているか(誰を頂点にする組織に所属していてどこの位置にいるか)というのを把握してから観に行くと対立構造がわかりやすくなるかと思います。

|

« 大桃美代子の夫(当時)と麻木久仁子が不倫していた件について | トップページ | 2010年のF1総集編は? »

ドラマ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。