« 2011年1月期アニメ 感想 | トップページ | 「劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」感想 »

「映画『May'n THE MOVIE -Phonic Nation-』」を観てきた。

実はこういう作品があるのを知らなくて、2月12日に静岡へガンダムを観に行った帰りの車の中でたまたまつけたラジオのゲストにMay'nさんが来ていてこの映画の宣伝してたのがきっかけでした。

コンサートツアーのドキュメンタリーなんでこれといってなんかあるわけでもないです。マクロスFの映画公開直前ってのがあったからかもしれないけどマクロスFの曲を歌っているところばっかってのもなぁ。マクロスFの曲だったら中島愛も連れてこいよって思っちゃうし。ノンタイアップとか他のアニメの曲もあるだろうに。ノーザンクロスの光を使ったエフェクト演出は面白かった。

私は、3D映画初体験です。家電量販店でデモしているテレビの3Dを観ても「あぁ、こんなモンね。」って感じ方だったのであまり期待しないながらも映画なんで本気の3Dで素晴らしい体験ができるかと期待していました。

そんなに3Dをテレビで観て得た印象と変わりなかったです。基本実写なんで登場している人物がくっきりと見えて凄いなというくらい。

いわゆる3Dメガネを装着して観るタイプだったのですが、同期信号のやりとりをしているのかピッピッっと音が絶えず聞こえてて残念でした。メガネが3Dのでろでろっとした映像を飛び出してみえるようにする目に見えない素早い動作をしているようで若干色合いが暗く見えて、白が白じゃないってのは3D映像の課題になるのかな。

3Dすげぇと感じたのは舞台演出で上からひらひらと何かに切り抜いた紙がいっぱい落ちてくるところ。画面奥からこちらに向かって舞い落ちてくる映像を観て、「やべぇこっち来た、当たる!!!」と感じて仰け反ってしまうくらいの立体感だった。

|

« 2011年1月期アニメ 感想 | トップページ | 「劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」感想 »

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。