« 「魔法少女まどか☆マギカ」が放送休止だとぉ!!! | トップページ | 2011 F1 開幕戦 オーストラリアGP 決勝 感想 »

「機動戦士ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊」の先行上映を観てきた。

観てきたっていってももう2週間も前の話なんだけどね。


劇場上映を観にとはいいつつもお目当ては先行販売のブルーレイと限定販売のシナンジュプラモデルでした。

若干2ちゃんねるに耽りすぎたためかチケット予約の時点から高度な情報戦に踊らされた感じで当日の朝6時30分過ぎから劇場に並んでしまったりしてね。MOVIX京都だと、月曜日までブルーレイガンプラも残っていたみたいであの行列はなんだったの?って感じだった。回を追うごとにこういう行列ってエスカレートして買えないと悔しかったりするからしかたないと思ったり。家に帰って東京方面で発生した転売業の方々な写真を見て萎えてみたりね。上映会場に幕張地区の劇場があったりして正直な話、初回上映がこの週でよかったとも思っている。

ちょっと面白そうかなと考えていたのが、7時30分までに買えたなら一回家に帰って勝ったばかりのepisode 3を視聴してからもう一度劇場で観て、さらに家でもう一回観るというどんだけガンダム好きやねんな1日を過ごす予定だったり。

エピソードは原作小説4巻、パラオ攻略戦の中盤以降と5巻、ラプラスの亡霊を混ぜて2で割った感じかな。OVAをバナージとオードリーのストーリーに絞って割り切って考えればリディのお話はオマケか。若干削りすぎてよくわかんなくなっているところもあるけどどうなるんでしょうねぇ。

episode 1のパンフに載っていた内山昂輝さんの写真のとても若いフレッシュな感じが演じているバナージにも出ているようで「"それでも"と言い続けろ」ですよ!!!まったく!!!

戦闘シーンはアクションとスピード感がいい具合に調和して新たなロボット戦闘が見えてとてもよい。ユニコーンが出てくるシーンについてはバンクが多くてズレとか矛盾?みたいなのがあって残念です。劇場上映とブルーレイの先行発売が同時なので修正もないしあぁ、無念!!!

特典のフィルムブックマークはアルベルトのノーマルスーツ姿、原作を最後まで読むとコイツでもいいかと思えるけどここまでは汚い大人の代表格という感じで若干ガッカリだ。


|

« 「魔法少女まどか☆マギカ」が放送休止だとぉ!!! | トップページ | 2011 F1 開幕戦 オーストラリアGP 決勝 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。