« この人たち似てる? | トップページ | ファンタジー世界の能力で妄想する。 »

とある魔術の禁書目録II 第24話 「武装集団」 感想

最終回だけね。


前回の23話とセットでSSの1巻を映像化でした。

あすこが削られたとか表現がイマイチとかっていわれてましたがま、こういうモンでしょう。たぶん最終章的エピソードを第3期に持って行くためにはこうなるのかな。

でも浜面への説教シーンにあったエフェクトは残念かな。

学園都市というシステムからするとスキルアウトもそれを取り締まる風紀委員や警備員、裏の猟犬部隊やグループたちもぜーんぶアレイスター=クロウリーの手の上で転がされてる。一方通行が上条当麻の幻想殺しに負けることもすべて計画通りなんじゃないの?って思っちゃいますね。原作小説読んだらそうでもないかもしれませんが。

|

« この人たち似てる? | トップページ | ファンタジー世界の能力で妄想する。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3727/51275826

この記事へのトラックバック一覧です: とある魔術の禁書目録II 第24話 「武装集団」 感想:

« この人たち似てる? | トップページ | ファンタジー世界の能力で妄想する。 »