« 「機動戦士ガンダムUC」の第4巻発売日が決まったぜぇ | トップページ | これええのん?なニュース »

2011 F1 第10戦 ドイツGP 決勝 感想

決勝終わりました。

1st:L ハミルトン
2nd:F アロンソ
3rd:M ウェバー

それ以外はResult_2011_deutschlandこちら

F1 第10戦ドイツGP 決勝結果
ドイツGP優勝はマクラーレンのハミルトン!
F1ドイツGP決勝:ハミルトンが勝利!!可夢偉は9位入賞!
ドイツでの可夢偉の結果
ハミルトン今期2勝目(第10戦ドイツ)
2011年 F1ドイツGP トップがめまぐるしく変わる三つ巴戦をハミルトンが制す!!
F1GP2011 ドイツ
2011F1 独逸決戦 “大混戦本命不在赤銀紺三巴編”
F1 2011 ドイツGP 決勝

ぬふう、強味が弱味に、弱味が強味に変わったGPでしたね。

上手い表現が見つからないがレッドブルのマシーンでタイヤに優しいセブが低い路面温度でタイヤを使いこなせず、タイヤに厳しいマークが低い路面温度で上手く発熱させていた。ということらしい。

だけど、タイヤを上手く暖められないらしいフェラーリがそんなに悪くないレースをしているところをみると、ドライバースキルかなのか、レッドブルには見つけられずフェラーリには見つけられた何かがあるのか。

なんか、スタートとかピットインのタイミングで上手く前に出たけれど劇的に速くない人が後ろを上手くブロックしてしてやったり。後ろの速いはずの人からしたらたまったもんじゃないけどレースはそういうもん。DRSだのKERSだのでオーバーテイクが増えたようはずだけど、シーズンが進んで序盤より性能差に変化があったりオーバーテイク対策のドライビングが上手くなったりなんだろうな。

今季初の表彰台からはずれたセブですが、一応4位に入ってそこそこにポイントを獲得しました。2位に対してなんとか100ポイント差をつけるとこまでいきたいところです。2位から5位の連中が入れ替わり立ち替わりに勝ってくれている分にはあんまり脅威ではなさそうだけど。

可夢偉は3戦ぶりのポイントでした。結果だけ見るといいように感じるけどどこかかみ合っていないような。

セブとフェリペの最終ピットイン勝負なんだけど、基本的にピットレーン入り口側の方が有利のように思える。隣同士だと微妙だけども入り口側の方が早く作業に入り、早く終わり、リリースされる。今年?去年?からチーム毎にレーンを走るマシーンの位置でリリース可否が決まっているんで、上手いことやれば前のヤツのリリースを邪魔できるからおいしいかな。

|

« 「機動戦士ガンダムUC」の第4巻発売日が決まったぜぇ | トップページ | これええのん?なニュース »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。