« 機動戦士ガンダムAGE 第8話「決死の共同戦線」 感想 | トップページ | 『マクロスF MUSIC CLIP集「娘クリ」』を視聴して »

2011 F1 第19戦 ブラジルGP 決勝 感想

1st:M ウェバー
2nd:S ベッテル
3rd:J バトン

それ以外はResult_2011_brasilこちら

ウェバー(レッドブル)、最終戦ブラジルで今季初勝利
F1 第19戦ブラジルGP 決勝結果

おめでとう!!!マーク!!!今季初優勝!!!

セブのマシーントラブルで譲ってもらった感じだけどなぁ。マシーントラブルなくてもこの結果になってたら「譲った」になるんだろうね。

1位になってもタイムがヘタレてガッカリとかセブが3位を必死にブロックして追撃を抑えたとかもなかったし、最終戦になってやっと歯車が噛み合ったか、ブラジルと相性がよかったのか。最後2ラップでファステスト連発できるってことは力があるってこと。のはず。

セブとルイスにギアボックストラブルがあったわけだけど、ギアを失いかけとシームレスシフトが使えないと、壊れた場所はもちろん違うわけだし、チームからペースコントロールとかショートシフトの指示が出ててコントロールしてたわけだけどルイスはリタイヤ、セブは2位を死守でした。

ジェンソンはタイヤの相性が悪くオプション側でフェルナンドにやられたけどプライムで逆転、最後はヒタヒタとトラブルを抱えたセブに忍び寄るもこれといったトラブルも出ず、残り周回数も足りず3位でした。燃料がギリギリだったので最後はセーブしたかもしれませんね。マクラーレンに来てから?チャンピオンを獲ってから?のガンガンいくだけではない、ひっそりと相手の寝首を掻くような走りが最近の持ち味のような。強弱つけることを身につけたドライバーの方がおいしいんですけどね。

可夢偉は9位入賞、これによりチームはランキング7位を死守した。チームがお金ないんでどっかで開発にメリハリつけてここぞというところの開発をしないといけないのはわかるけどブロウンディフューザーの開発を完全放棄してブロウンディフューザーで上手くいった感のあるフォースインディアとかトロロッソに痛い目合わされてるし。じゃぁ、ブロウンディフューザーの代わりになる凄い開発があったかといえばそれもなかった。最後の最後で入賞してランキングを死守できたのは素晴らしいな。

雨降るぜぇっていわれてて予選も決勝は雨を前提とした使い方してたのに全周ドライで雨が降る気配もありませんでした。ちびたタイヤばっかでレースの人もいたかもしれませんけどあんまり問題になってないようですね。

あんまり問題になってないけど、1シーズンあたりのエンジン台数規制ってどうなんだろ。ギアボックスの4レース?5レース使用規制ってのは固定の交換間隔なんでわかるけど1シーズンのレース数が増減してるのにエンジン台数は固定ってすると走行距離制限かけちゃうよね。いちおう金曜日エンジンは規制対象外みたいだけど。

来シーズンはセブの3連覇、特に初制覇からの3連覇がかかっています。常道でいけばレッドブルだけどマクラーレとフェラーリに開幕から食いついていってほしいですな。

今午前3時31分だけど頑張ったよ俺!!!

|

« 機動戦士ガンダムAGE 第8話「決死の共同戦線」 感想 | トップページ | 『マクロスF MUSIC CLIP集「娘クリ」』を視聴して »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。