« 寛仁親王殿下が薨去された。 | トップページ | 「今日は一日“アニソン”三昧 Z」ってすげぇな »

2012 F1 第7戦 カナダGP 決勝 感想

2012年シーズン初の感想ですが。

カナダGPです。
1st:L ハミルトン
2nd:R グロージャン
3rd:S ペレス

それ以外はResult_2012_canadaこちら

F1 第7戦カナダGP 決勝結果
ハミルトン(マクラーレン)今季初優勝 小林可夢偉9位

むふぅ開幕から7戦7人のウィナーか。8戦8人だか9戦9人のウィナーのシーズンがあったらしいので今年の19戦だか20戦だか全部ウィナーが違うとかって面白そうだね。

チームの戦略もあるんだろうけどセブが2年連続このサーキットでタイヤが禿びて優勝を逃すってなんだかな。状況からしてタイヤ換えててもよくて2位だからしゃあなしか。

ストップ&ゴーサーキットでは名手フェルナンドでも順位を守りきれず。ソフトの新品タイヤでこれくらいいけるだろうという理論値通りキッチリでガケから落ちるとはね。タイヤの性能を上手く引き出してる。といえば聞こえがいいけど。

戦略勝ち?なロマノとセルジオが表彰台をゲット、セルジオと裏返しの戦略で頑張った可夢偉だけどもフォースインディアに引っかかって残念な感じに。

|

« 寛仁親王殿下が薨去された。 | トップページ | 「今日は一日“アニソン”三昧 Z」ってすげぇな »

Formula 1」カテゴリの記事

スカパー!」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

放言」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。